JR東日本盛岡支社は、観光列車「ジパング」(485系)の定期運行を9月26日をもって終了し、感謝の気持ちを込めた「ありがとうジパング」を10月10日に運行すると発表した。旅行商品限定の団体臨時列車として運行され、記念乗車証などが付属する。

観光列車「ジパング」(485系)

観光列車「ジパング」は、2012年4~6月に開催された「いわてデスティネーションキャンペーン」に合わせ、2012年4月1日に運行開始。特急形電車485系を改造した4両編成の車両で、伝統的な日本画の手法をイメージした墨色・ねずみ色・金色をベースにデザインし、「落ち着き」「重厚感の中にあるさりげない煌びやかさ」をテーマとしている。

10月10日に運行する「ありがとうジパング」の旅行商品は、盛岡駅9時47分頃発・一ノ関駅11時10分頃着の日帰りAコースと、一ノ関駅12時24分頃発・盛岡駅13時51分頃着の日帰りBコースを設定。乗車特典として、記念乗車証(往路復路デザイン別)やサボプレートのレプリカ(後日発送)を用意している。「この機会に是非、伝統的な日本画の手法をイメージしたジパングで、優雅な空間と岩手の旅をお楽しみ下さい」とのこと。

「ジパング」1・4号車デッキ部分
「ジパング」1・4号車展望室
「ジパング」1・4号車の車内

9月2日14時から9月6日23時59分まで、びゅうトラベルサービスのウェブサイト「日本の旅、鉄道の旅」にて発売(ウェブ限定)。旅行代金はA・Bコースともに大人7,700円・こども6,500円。定員は各コース140名(最少催行人員120名)。販売は申込み順ではなく、抽選販売となっている。

#JR東日本 #鉄道イベント #鉄道車両の引退 #電車


JR東日本485系「ジパング」定期運行終了、団体臨時列車10/10運行へ

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは