北条鉄道は2021年9月1日、新たな車両としてキハ40形式気動車を導入すると発表した。運行開始は2022年春頃の予定。

2020年夏、同社は北条線法華口駅に上下列車が交換できる行き違い施設とホームを新設した。これに伴い車両増備の必要が生じたことから、安定した運行、沿線・地域の活性化、観光事業の強化を目指し、かつて五能線などで活躍していた車両を導入する。

また、同社は改造費などの経費を補うため、本日から2021年10月29日までの58日間、目標金額300万円のクラウドファンディング(CF)を実施する。リターンとしてフラワ2000運転体験、キハ40助士席側乗車体験、写真集、貴重な時刻表などを用意した。

CFサイトREADYFORでのタイトルは「北条鉄道の挑戦。引退したキハ40気動車をもう一度走らせよう。」で、北条鉄道ホームページの「お知らせ」から当該ページへ移動できる。

鉄道チャンネル編集部
(画像:北条鉄道)

#改造 #クラウドファンディング #車両 #違い


北条鉄道キハ40導入へ クラウドファンディングで改造費など調達はかる

関連記事

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明