世界初の鉄道は、1825年に英国で運行を始めた蒸気機関車だ。その後、鉄道は発展を遂げ、1964年には世界初となる高速鉄道が日本で開通した。その後、世界の多くの国で高速鉄道が建設されていったが、米国はこの分野で大きく後れをとっている。中国メディアの網易はこのほど、米国で高速鉄道建設が進まない理由について分析する記事を掲載した。

記事はまず、日本が新幹線を世界初の高速鉄道として開業すると、高速鉄道はその後フランスやドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、英国など、多くの先進国で採用されていったと紹介した。そして中国も最後発ながら高速鉄道を導入したのは周知のとおりだ。

一方、ある国が高速鉄道を導入するためにはいくつかの条件を満たしている必要があると記事は分析し、その1つが密集した都市と人口が十分にあることだと強調。ある程度のニーズがないと高速鉄道を運営できないということだろう。また、高速鉄道の建設にはコストがかなりかかるので、国民の生活レベルが高いことも必要だとしている。さらに十分な工業基礎があることも重要だとした。

そして、これらの条件を満たしているのが日本やドイツ、フランス、そして中国だと分析した。しかし、米国はそうではないと指摘している。広大な国土を持ちながらも人口は3億人超にすぎず、人口が「密集」していないので高速鉄道の必要性がないと論じた。また、航空システムが発達しているほか、自動車が早くから普及しているので、高速鉄道が入りこむ余地がないとしている。

確かに、米国にはボストンとニューヨークを結ぶアセラ・エクスプレスという高速鉄道があるのみで、他は計画が出ても実現していないのが現状だ。結局のところニーズがないというのが主な理由と言えるが、この点で中国はやみくもに建設を進めた結果、赤字路線が多数を占めると言われる。むやみに高速鉄道を建設しない米国は理性的だったと言えるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

#高速鉄道 #中国 #世界 #世界初


そういうことか! 米国が高速鉄道に見向きもしない理由とは=中国

関連記事

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明