JRグループは31日、今年度も「鉄道の日」(10月14日)に合わせ、「秋の乗り放題パス」を発売すると発表した。JR線の快速・普通列車(普通車自由席)とBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーなど、連続する3日間乗降り自由となる。

奥羽本線を走る弘前行の普通列車

「秋の乗り放題パス」は9月11日から10月22日まで販売され、利用期間は10月2~24日。有効期間は利用期間内の連続する3日間となっており、有効期間最終日の乗車が翌日にまたがる場合は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効。東京・大阪の電車特定区間内は終電まで利用できる。発売額は大人7,850円・こども3,920円。全国のJRのおもな駅、JRの旅行センター、おもな旅行会社で発売される。

新幹線や特急列車、グリーン車などに乗車する場合、乗車券が別途必要。ただし、快速・普通列車のグリーン車自由席はグリーン券の別途購入で乗車可能となる。JR線と直通運転を行う路線やJRバスは利用不可だが、青い森鉄道の八戸~青森間・八戸~野辺地間・野辺地~青森間、あいの風とやま鉄道の高岡~富山間、IRいしかわ鉄道の金沢~津幡間はJR線へ通過利用する場合に限り、普通列車等の普通車自由席に乗車できる。

奥羽本線新青森~青森間、石勝線新夕張~新得間は特例として、当該区間内相互発着の場合に限り、「秋の乗り放題パス」のみで特急列車の普通車自由席を利用可能。新青森~青森間では、全車指定席で運転される快速・普通列車の普通車の空いている席も利用できる。特例区間外にまたがって同一列車に乗車した場合、乗車全区間の乗車券と特急券等が必要。佐世保線早岐~佐世保間、宮崎空港線を含む宮崎~宮崎空港間についても、当該区間内に限り特急列車の普通車自由席に乗車できる。

特典として、「秋の乗り放題パス」利用日にJRホテルグループの加盟ホテルに宿泊する場合、宿泊料金が割引に(一部を除く)。JRホテルグループ東京予約センターに自身であらかじめ申し込み、チェックイン時に「秋の乗り放題パス」を提示する必要がある。

津軽線三厩行の普通列車

なお、本州と北海道との旅行を楽しめる「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」もあわせて発売。発売期間は「秋の乗り放題パス」利用期間の最終日までとなっており、発売額は大人2,490円・こども1,240円となっている。

#JR九州 #JR北海道 #JR四国 #JR東日本 #JR東海 #JR西日本 #お得なきっぷ #気動車 #中小私鉄 #三セク #電車


「秋の乗り放題パス」2021年度も発売、普通列車に3日間乗降り自由

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス