叡山電鉄は30日、ダイヤ変更を9月18日に実施すると発表した。2020年7月8日に発生した土砂災害で長期間運休していた市原~鞍馬間の運転再開に合わせ、実施するもので、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う利用状況も考慮し、運行本数や初発列車と最終列車の見直しを行う。9月25日に実施される京阪電気鉄道のダイヤ変更に合わせた調整も実施する。

市原~鞍馬間の運転再開に合わせ、叡山電鉄が9月18日にダイヤ変更を行う(写真は2018年撮影)

土砂災害で運休していた市原~鞍馬間は、ダイヤ変更を行う9月18日の初発から運行。あわせて平日・土休日の早朝時間帯において、発列車の時刻を変更する。平日朝ラッシュ時間帯には京阪電車との接続を考慮し、列車の発着時刻を調整。平日・土休日の昼時間帯は、出町柳~八瀬比叡山口間と出町柳~鞍馬間の列車をそれぞれ15分間隔で運行する。

平日夕ラッシュ時間帯(17~18時台)も運転間隔を調整し、出町柳駅から宝ケ池駅まで6分間隔のわかりやすいダイヤに変更。平日夜の時間帯(19~20時台)には、出町柳~八瀬比叡山口間の列車を約15分間隔、鞍馬線の出町柳~市原間と出町柳~鞍馬間の列車をそれぞれ30分間隔で交互に運行する。

平日・土休日の初発列車の時刻
出町柳駅発時刻表
最終列車の時刻
市原~鞍馬間運転再開後の路線図

土休日の夜時間帯(18~20時台)では、出町柳~八瀬比叡山口間と出町柳~鞍馬間の列車をそれぞれ20分間隔で運行。平日・土休日の最終列車も時刻を変更する。

出町柳駅での京阪電車との乗継ぎに関して、9月18~24日にスムーズな乗継ぎができない場合があるとのこと。ダイヤ変更後の詳しい時刻表は9月上旬以降、叡山電鉄のサイトにて案内される。

#ダイヤ改正 #電車 #中小私鉄 #三セク #鉄道災害 #復旧


叡山電鉄、市原~鞍馬間の運転再開に合わせダイヤ変更を9/18に実施

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も