中国とミャンマーを結ぶ新しいルート「中緬新通路(ヤンゴン-雲南省臨滄-四川省成都)」での海運・道路・鉄道連携輸送のテスト貨物第一弾が27日、成都国際鉄道港に到着した。人民日報海外版が伝えた。

この貨物はシンガポールから海運でミャンマーのヤンゴン港に運ばれ、道路輸送で雲南・臨滄から中国に入り、鉄道で成都まで運ばれた後、中国南西地域の経済的後背地にそれぞれ運ばれる。これによりシンガポール、ミャンマー、中国3カ国の物流ルートがつながり、海運・道路・鉄道連携輸送は中国南西地域からインド洋に通じる最も便利な陸海新ルートになった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

#中国 #ミャンマー #テスト #ヤンゴン


中国・ミャンマー新ルート、テスト貨物が成都国際鉄道港に到着—中国メディア

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も