福建省の福州とアモイを結ぶ福廈鉄道に新設された重さ3万8000トンの太城渓特大橋が23日、径間比非対称斜張橋の40度回転架設を行い、閉合差9ミリの精度で回転架設と連結を無事実現した。新華網が伝えた。

これは、中国の海を越える高速鉄道路線で最大トン数の径間比非対称斜張橋の回転架設・連結となった。鉄道完成後には、福州とアモイの「1時間生活圏」が実現されることになる。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

#福建省 #新設 #中国 #高速鉄道


福州とアモイの「1時間生活圏」実現へ—福建省

関連記事

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明