JR西日本は7月、新幹線および在来線の鉄道事業用光ファイバーネットワークを活用し、情報通信事業に参入すると発表した。同社に、その経緯や狙いについて聞いた。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

JR西日本が
情報通信事業に参入した背景

JR西日本は7月14日、同社が保有する新幹線および在来線の鉄道事業用光ファイバーネットワークを活用し、情報通信事業に参入すると発表した。同社は7月1日にJR西日本光ネットワークを設立しており、現在はJR西日本の子会社である西日本電気システムの光ファイバ事業本部が行っている業務を、10月1日から移管する予定だ。

ただ、鉄道事業者の情報通信事業への参入は珍しいことではない。古くは国鉄時代、通信自由化を受けて新幹線沿いに光ファイバーケーブルを敷設し、通信事業への参画を目指した日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)の例があり、2000年代初頭には通信事業関連の規制緩和を受けて、東急電鉄や営団地下鉄(現東京メトロ)、阪神電鉄などが光ファイバー芯線賃貸事業に乗り出している。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

#JR西日本 #情報通信 #新幹線 #在来線


JR西日本「情報通信事業に後発参入」の切り札とは

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも