阪急阪神ホールディングスと東急グループは、阪急電鉄、阪神電気鉄道、東急電鉄の3社で運行している「SDGsトレイン2020」の運行期間を2022年9月まで延長すると発表した。

阪急電鉄「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」
阪神電気鉄道「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」
東急電鉄「SDGsトレイン 美しい時代へ号」

「SDGsトレイン」は、SDGsの達成に向けたさまざまなメッセージを発信する特別企画列車として運行。各社の最新の省エネ車両を使用するとともに、走行にかかる電力をすべて再生可能エネルギーで賄っている。2020年9月から2021年7月までの運行期間中に使用した約7,300万kW・hの電力をCO2排出量実質ゼロのエネルギーで調達しており、約2,800トンのCO2を削減できたという。

運行期間の延長にともない、列車名は「SDGsトレイン 2021」に改める。阪急電鉄は神戸線・宝塚線・京都線と相互直通区間、阪神電気鉄道は本線・阪神なんば線と相互直通区間で運行。東急電鉄は東横線・田園都市線・世田谷線と相互直通区間で運行する。

#東急電鉄 #阪急電鉄 #阪神電気鉄道 #電車


阪急・阪神・東急「SDGsトレイン」運行期間を延長 – 2022年9月まで

関連記事

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明