JR九州はこのほど、佐賀県嬉野市内で土地を購入し、「日本三大美肌の湯『嬉野温泉』」の魅力を発信する宿泊施設を開発すると発表した。2022年度秋頃に開業する西九州新幹線との相乗効果を図ると説明している。

温泉宿泊施設の外観イメージ
購入した土地は嬉野温泉バスセンターから近く、西九州新幹線嬉野温泉駅から車で5分程度の位置にある

購入した土地は、佐賀県嬉野市嬉野町の旅館「神泉閣」跡地で、源泉2カ所が含まれる。嬉野温泉バスセンターから徒歩3分、嬉野ICや2022年秋開業予定の西九州新幹線嬉野温泉駅から車で5分程度の立地で、豊富な湯量を持つ源泉が存在しており、全室100%源泉かけ流し風呂付きの施設を計画しているとのこと。

2022年度秋頃に開業予定の西九州新幹線と相乗効果を図り、嬉野の大きな魅力である「温泉」と「お茶」をコンセプトにした宿泊施設の開発計画を策定していく。開業時期や施設規模など詳細な基本計画について、今後、嬉野市をはじめとした関係機関と打ち合わせを行い策定。具体的な計画など決まり次第、改めて発表する。

#新幹線 #駅 #新線 #JR九州


JR九州、嬉野温泉で宿泊施設を開発 – 西九州新幹線と相乗効果図る

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!