大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2021<福岡県版>」を発表しました。
福岡県に住む成人男女2万2052人を対象に調査を行った結果、「住みここち(駅)ランキング」1位は2年連続で「薬院大通駅」。次いで2位は「六本松駅」、3位には「薬院駅」が選ばれました。
なお、1〜3位は天神や博多まで鉄道やバスでアクセスしやすい地下鉄七隈線沿線の駅となっています。2022年度には地下鉄七隈線の延伸により、天神南駅と博多駅が接続する予定です。このランキングは、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30人以上の駅を対象としています。

1位は2年連続! 生活利便性が高い「地下鉄七隈線・薬院大通駅」

福岡市中央区に位置する「薬院大通駅」周辺は、都心の南側に位置する市街地。6つの道路が交差する「薬院六角」周辺には、おしゃれなカフェやインテリアショップなどのショッピングスポットが揃い、散策や買い物を楽しむことができます。一方で、少し歩けば動植物園や公園、市指定の史跡「平尾山荘」や「松風園」などがあります。都心にいながらも自然や歴史に触れるスポットがあることが、同エリアの魅力といえそうです。

2位は本調査の「イメージ」で1位を獲得「地下鉄七隈線・六本松駅」

福岡市中央区に位置する「六本松駅」周辺は、九州大学六本松キャンパスの跡地を再開発したエリアです。科学館・商業施設などを一体化した複合施設「六本松421」が2017年にオープンし、幅広い年代から注目される人気エリアとなりました。駅周辺には、公園や裁判所、レジャー施設の他、子育てに便利な施設も多くあります。2022年には七隈線の延伸工事が完了する予定であり、今後さらなる利便性の向上が期待できそうです。

3位は交通アクセスに恵まれている「地下鉄七隈線・薬院駅」

「薬院駅」は、福岡市中央区、博多と天神の中間地点に位置しています。西鉄天神大牟田線の特急電車と急行電車が止まる為、福岡市営地下鉄七隈線との相互の乗り換えが便利な駅です。また、博多駅方面への路線バスの便数も豊富であり、利便性の高さが魅力の一つといえます。駅周辺は、企業の事業所や支店が集まるビジネス街として知られています。一方で、少し歩くとセレクトショップや雑貨屋、カフェなどのショップが点在しており、単身女性にも人気のエリアとして注目されています。
(文:新橋 まい)

#福岡県 #ランキング #大東建託 #満足度


福岡県の住みここち(駅)ランキング! 3位「薬院駅」、2位「六本松駅」、1位は2年連続の…

関連記事

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明