JR東日本新潟支社は26日、上越新幹線にE7系を10月2日から追加投入すると発表した。これにより、東京~新潟間の「とき」は定期列車26往復のうち16往復がE7系となる。「グランクラス(飲料・軽食なし)」をはじめ、車内サービス等の向上も図られる。

東京駅に到着するE7系(2019年6月の報道公開にて撮影)

E7系の追加投入後も、編成の変更に伴う運転時刻の変更は行わない。なお、平日に普通車全車自由席として運転していた上り始発列車「とき300号」は10月2日以降、一部車両を普通車指定席として毎日運転し、着席ニーズに応えるとのこと。

#車両新造 #改造 #JR東日本 #新幹線 #電車


JR東日本、上越新幹線にE7系を追加投入「とき」16往復をE7系で運転

関連記事

JR東日本「わくぞく京葉車両センターツアー」社員考案のイベントも

JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

鉄道博物館「山手線展 ~やまのてせんが丸くなるまで~」10/9から

「タムロン鉄道風景コンテスト」入賞作発表、大賞は「サフィール踊り子」

【京商エッグ】飾る・走る『リビングトレイン』シリーズ発売が10月上旬発売!

飛ぶように売れ続ける「ハシ鉄」…発売日は200膳が即日完売