アニメイトグループの書泉は26日、限定商品として『東急電鉄8500系Tシャツ』を発売する。

『東急電鉄8500系』とは、1975年に登場した東急電鉄の通勤形電車のこと。今回発売となるTシャツは、この『東急電鉄8500系』をモチーフにしたデザインとなっており、「東急電鉄最後の幕車」として多くの鉄道ファンから惜しまれつつ引退した『8606F』の正面車号をデザインしたグレー。現在もラッピング列車として活躍しており、青帯が特徴の『8637F』の正面車号をデザインしたホワイト。東武線への乗り入れが出来ない車両を識別する『Kマーク』をワンポイントとしてデザインしたブラックの3種類が発売となる。

価格は各2200円。東京・神保町の書泉グランデ6階、秋葉原の書泉ブックタワー5階の鉄道フロア、書泉オンラインショップで販売する。

#東急電鉄 #Tシャツ #発売 #デザイン


鉄道ファン垂涎『東急電鉄8500系Tシャツ』、書泉限定で発売開始

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは