中国が独自に開発した海底トンネルシールドマシンが23日、湖南省長沙市でラインオフした。同シールドマシンは掘削直径13.42メートル、全長130メートル、総重量3800トンで、中国で最も深い海底トンネルである深江鉄道(深セン-江門鉄道)珠江口トンネルの建設に加わる。人民日報海外版が伝えた。

同シールドマシンの名称は「深江1号」で、カッターヘッドに「広東醒獅(眠れる獅子が目覚める)」要素が塗装されている。珠江口トンネルは深江鉄道の重点工事。「深江1号」の掘削区間は全長3590メートルで、全線が長距離にわたり下向きに掘進し、珠江の河口の下を通過する。工事の地質条件は極めて複雑だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

#中国 #トンネル #海底 #開発


中国独自の海底トンネルシールドマシンがラインオフ—中国メディア

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!