京阪ホールディングスと京阪電気鉄道は、アニメ『響け! ユーフォニアム』とのコラボレーション企画を9月1日から11月30日まで実施すると発表した。

記念乗車券イメージ

架空の高校に在籍する吹奏楽部員たちの青春を描いた『響け! ユーフォニアム』は宇治市を舞台としており、宇治線の電車や駅も描かれている。

今回のコラボ企画では、作品の舞台となった場所を巡る際に便利な「舞台めぐりMAP」を京阪電車の主要駅や宇治市内各所で配布。ARキャラクターとの写真撮影ができるスマートフォンアプリ「舞台めぐり」を利用したデジタルスタンプラリーも開催する。期間ごとに設定されたチェックポイント3カ所を巡ると、好きな場所でキャラクターと一緒に写真を撮影できる「マイAR」がもらえる。

中書島駅、六地蔵駅、黄檗駅、宇治駅にキャラクターの等身大パネルを設置。等身大パネルに設置された2次元バーコードを「舞台めぐり」アプリで読み込み、取得する限定「マイAR」も登場する。京阪線の13000系1編成に、期間中の毎月異なるデザインの記念ヘッドマークを掲出する。

「舞台めぐりMAP」イメージ
記念ヘッドマークイメージ(左から9月・10月・11月分)

記念乗車券「京阪電車×響け! ユーフォニアム 2021 京阪線フリーチケット」は9月1日に発売。2022年3月31日までの任意の1日、京阪線全線と石清水八幡宮参道ケーブルが乗降り自由になるきっぷで、発売額は1,300円。京阪電車のおもな駅で計5,000枚販売する。

#電車 #子鉄 #記念きっぷ #京阪電気鉄道


京阪電気鉄道『響け! ユーフォニアム』コラボ企画、記念乗車券も

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も