JR東日本と西武鉄道は24日、テレワークやウェブ会議といった多様な働き方をサポートするため、JR東日本が展開するシェアオフィス「STATION BOOTH」を西武鉄道の高田馬場駅、国分寺駅、武蔵境駅の3駅に設置し、9月16日に開業すると発表した。

「STATION BOOTH」内にLEDリングライトを装備

「STATION BOOTH」はウェブ会議に最適な1名用の完全個室ブースで、首都圏の主要駅や新幹線の駅などに設置されている。西武鉄道の駅に設置する「STATION BOOTH」では、温かみのある木目調の外装を初採用したほか、西武鉄道オリジナルデザインが施された。内部にはウェブ会議に最適なLEDリングライトや電源・USB・専用Wi-Fi・空調を標準装備し、快適で便利に使用できる環境を提供するという。

高田馬場駅に2台、国分寺駅に2台、武蔵境駅に1台を設置し、いずれも9月16日に開業。9月15日18時から予約を開始する。営業時間は7~21時(全日)。使用料金は15分で275円。「STATION WORK」の個人・法人会員が利用できるほか、一般の人も利用できる。

「STATION BOOTH」外観イメージ
設置場所詳細

なお、高田馬場駅の「STATION BOOTH」はJR・西武線のりかえ改札のJR改札内にあるため、JR東日本の乗車券などが必要。国分寺駅と武蔵境駅の「STATION BOOTH」は西武線改札内にあり、西武鉄道の乗車券などが必要となる。

#西武鉄道 #JR東日本 #駅


JR東日本のシェアオフィス「STATION BOOTH」西武鉄道の3駅に設置へ

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ