ジェイアール東日本企画、JR東日本サービスクリエーション、レルヒ、JR東日本新潟支社は、車内で注文を受けた商品を途中駅から車内に積み込み、座席へ届ける新方式の車内販売の実証実験を9月4日から実施する。

上越新幹線「Maxとき」の一部列車でモバイルオーダー&デリバリー型車内販売の実施実験を行う
「『美食旅』新幹線 TRAIN DELI」ロゴ

2019年の「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン」にて、上越新幹線でモバイルオーダー型の車内販売「『美食旅』新幹線 TRAIN DELI」を実施したが、今回はより多様なニーズに応えるべく、エキナカ商品を途中駅から新幹線車内に積み込み、デリバリーする新しいしくみの車内販売を行うという。実証実験の期間は9月4日から10月1日までの土休日。上越新幹線「Maxとき316号」(新潟駅10時18分発、東京行)・「Maxとき321号」(東京駅12時40分発、新潟行)のグリーン車(15・16号車2階席)で実施する。

期間中、対象列車のグリーン車テーブル面に掲示したQRコードをスマートフォンで読み取り、表示されたサイトから欲しい商品を選んで注文すると、車内スタッフと「CoCoLo湯沢ぽんしゅ館」スタッフに注文内容が届く。同館スタッフは注文内容に従って商品を用意し、越後湯沢駅で車内スタッフに商品を受け渡す。車内スタッフは注文した乗客の座席まで商品を届ける。代金の支払いは、現金をはじめ、「Suica」などの交通系電子マネー、クレジットカードで行う。

#JR東日本 #新幹線 #電車 #駅弁 #グルメ


上越新幹線「Maxとき」で注文後に商品積み込む車内販売の実証実験

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も