ヴィレッジヴァンガードは、懐かしの列車や貨物コンテナをイメージしたマスクシリーズの通信販売を開始した。

「トレインマスク ノスタルジー」イメージ
「コンテナマスク」イメージ
「マスクコンテナ」イメージ

往年の列車をイメージした「トレインマスク ノスタルジー」シリーズとして、485系、583系、115系、EF66形、EF510形506号機(北斗星)、D51形498号機の6種類をラインナップ。「コンテナマスク」シリーズとして、国鉄6000形コンテナ(緑)、19Dコンテナ(赤)、18Dコンテナ(青)の3種類も同時に発売した。

素材はポリエステルとポリウレタンで、価格は各550円。あわせて「コンテナマスク」と同じモチーフのマスクケース「マスクコンテナ」3種(各660円)も販売する。ヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで取り扱っている。

#子鉄 #鉄道グッズ #国鉄


懐かしい列車&貨物コンテナをイメージ、マスクシリーズを通信販売

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは