広州と深センを結ぶ「広深都市間鉄道」、広州と珠海を結ぶ「広珠都市間鉄道」、珠海市内と珠海金湾空港を結ぶ「珠機都市間鉄道」は18日から、「回数乗車券」と「定期乗車券」の発売を開始した。これにより、粤港澳大湾区(広州、仏山、肇慶、深セン、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、マカオ両特別行政区によって構成される都市クラスター)内を走る都市間鉄道3線を利用した7都市の行き来が一層便利になる。旅客は「回数乗車券」または「定期乗車券」を購入すると、スマホで座席を予約したり、空席状況をチェックしたりでき、駅では身分証明書をかざすだけで改札口を通過して乗車することができる。中央テレビニュースが伝えた。

「回数乗車券」とは、有効期間内であれば、特定の区間内を定められた回数乗車できる乗車券だ。「広深都市間鉄道」、「広珠都市間鉄道」、「珠機都市間鉄道」では、20回の回数乗車券を購入すると、90日を期限に特定の区間を20回利用できる。

一方、定期乗車券とは、有効期間内であれば、特定の区間内で、指定のランクの席に、定められた回数乗車することのできる乗車券だ。「広深都市間鉄道」、「広珠都市間鉄道」、「珠機都市間鉄道」では、30日を期限に最多60回、特定の区間を往復することができる。

「広深都市間鉄道」、「広珠都市間鉄道」、「珠機都市間鉄道」は、広州、深セン、珠海、仏山、東莞、中山、江門の7都市をカバーしている。旅客は中国鉄道旅客サービスサイト「12306」またはアプリ「12306」で、実名制で「回数乗車券」または「定期乗車券」を購入できる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#都市 #発売 #広東省 #中国


広東省7都市カバーする都市間鉄道の「回数乗車券」と「定期乗車券」が発売—中国

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催