JR西日本は18日、「DLやまぐち号」のディーゼル機関車DE10形による重連運転の期間を延長すると発表した。重連運転は8月1~15日に実施し、好評だったが悪天候による運転取りやめが続いたため、期間を延長することとなった。

山口線の新山口~津和野間で運転される「DLやまぐち号」

これにともない、8月21・22・28・29日の「DLやまぐち号」もDE10形2機が牽引する重連運転が実施される。あわせてディーゼル機関車DD51形の牽引による「DLやまぐち号」の運転と、津和野駅転車台での回転展示を9月18・19・20日に行うことも発表された。「DLやまぐち号」の詳しい運転日等に関して、「SLやまぐち号」のサイトからも確認できる。

なお、「お子様限定SLやまぐち号42周年記念缶バッジ」「STU48コラボレーション記念乗車証」の配布も9月20日まで延長。いずれもなくなり次第、終了となる。

#機関車 #JR西日本 #観光列車 #客車 #鉄道災害 #復旧


JR西日本「DLやまぐち号」ディーゼル機関車DE10形の重連運転を延長

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も