JR西日本金沢支社は、七尾鉄道部運転科に所属する社員の新型コロナウイルス感染について、クラスターが発生したことを受け、8月19日から七尾線の列車を一部運休とし、本数を減らして運転すると発表した。

8月19~31日の期間、七尾線の列車が一部運休に

七尾鉄道部運転科では、8月16日までに運転士11名を含む計15名の感染が確認されたという。これを受けて、金沢支社は通常の列車本数を維持できないと判断。8月19~31日の期間、普通列車54本中15本、特急列車12本中2本の運休を決めた。運転本数は通常時の約7割となる。

運休期間中、七尾線の普通列車の普通乗車券をすでに持っている場合、特急券を購入せずに特急列車の普通車自由席に乗車できる。詳細の取扱いは駅などで別途案内するとのこと。運休した列車のきっぷは手数料なしで払い戻す。

#JR西日本 #電車


JR西日本、クラスター発生で七尾線の列車を一部運休に – 8/19から

関連記事

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州