株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「鉄道模型市場と関連する鉄道ビジネスの動向2021」を発刊いたしました。
本調査レポートでは、国内の鉄道模型メーカーが製造・販売する製品(車両のほかレール、ストラクチャー[ジオラマ]、動力ユニット等含む)を対象とし、市場の現状や鉄道模型に関連するビジネス動向を明らかにしました。

発刊日:2021年8月17日
体裁:A4 / 27頁
PDF商品:33,000円(本体30,000円 消費税3,000円)

■掲載内容
(1)鉄道模型市場
I.市場定義
II.市場構造
・車両サイズの概要と市場シェア、主な鉄道模型ブランドと車両サイズ
III.市場規模
IV.メーカー動向
V.メーカーシェア
<主要事業者個票>

(2)鉄道模型に関連する鉄道ビジネスの動向
I.鉄道業界動向
II.鉄道会社のキャラクター活用動向

⇒詳細内容・お申込みはこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/R63200801

当資料は、株式会社矢野経済研究所 Xビジネス が企画制作しております。
Xビジネスについての情報はこちら
https://xbusiness.jp/

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

#模型 #ビジネス #動向 #経済


【矢野経済研究所マーケットレポート】「鉄道模型市場と関連する鉄道ビジネスの動向2021」を発刊いたしました

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは