JR東海は、8月13~14日の大雨の影響で、複数箇所で線路内への土砂流入など発生した中央本線と飯田線の被災状況について、写真とともに公開した。これにともない、中央本線と飯田線の一部区間で列車の運休が発生している。

中央本線古虎渓駅の土砂流入(提供 : JR東海)

中央本線では、古虎渓駅で土砂流入が発生し、8月16日に復旧作業が完了。一時運転見合わせとなった高蔵寺~南木曽間は8月17日始発から運転を再開した。その他、中央本線の倉本駅で信号機器室の損傷、倉本~上松間と木曽平沢~贄川間で土砂流入が発生している。飯田線では、宮木~辰野間の横川橋梁にて、橋脚などが損傷した。

今後の運転計画に関して、中央本線の南木曽~塩尻間は信号設備や線路設備が損傷しているため、全線運転再開まで相当な期間を要する見込みとだという。特急「ワイドビューしなの」は当分の間、全列車を運休とする。飯田線も横川橋梁の橋脚などが損傷しているため、全線運転再開までに相当な期間を要する見込みとのこと。

中央本線倉本~上松間の土砂流入(提供 : JR東海)
中央本線木曽平沢~贄川間の土砂流入(提供 : JR東海)
飯田線宮木~辰野間、横川橋梁の橋脚など破損(提供 : JR東海)

運転再開日などは決まり次第、改めて発表される。列車の運転区間・ダイヤ等に変更が発生する際も、JR東海のサイトで随時案内される。

#JR東海 #鉄道災害 #復旧


JR東海、大雨に伴う中央本線・飯田線の被災状況を写真とともに公開

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも