(姫田 小夏:ジャーナリスト)

中国は「一帯一路」構想をアフリカでも展開している。東アフリカのケニアでは、30を超える国家プロジェクトの過半数が中国との共同で進められている。

そのうちの1つが鉄道「モンバサ・ナイロビ標準軌鉄道」の建設だ。2013年に #習近平 国家主席とウルフ・ケニヤッタ大統領の間で包括的協力パートナーシップが結ばれると、翌年から工事が本格化し、2017年にナイロビ〜モンバサ間の約472kmが開通、2019年からは、ナイロビから約120km北東の都市ナイバシャへの延伸工事が進められている。

懸念される「債務の罠」

モンバサ・ナイロビ標準軌鉄道は“Standard Gauge Railway”(標準軌鉄道)の頭文字を取って「SGR」と呼ばれる。ケニアはSGRが経済活性化の起爆剤になると大きな期待をかけているが、欧米諸国は中国による「債務の罠」だと警鐘を鳴らす。

首都ナイロビと港湾都市モンバサを結ぶ第1期工事の建設費用は38億ドル。そのうち約9割が中国からの借款である。返済は2019年から始まった。

ケニアの対外債務は年々膨れ上がっている。IMF(国際通貨基金)によれば、2015年に158億ドルだった対外債務は2020年に345億ドルに倍増、2020年末時点でケニアの2国間債務の63%がSGRプロジェクトのために中国から調達した融資だという。

2018年、米CNNはケニヤッタ大統領へのインタビューを動画で公開したが、それを見る限り、ケニヤッタ大統領は中国とのパートナーシップをきわめて前向きに受け止めているようだ。だがその一方で、2020年末には、ケニアの対外債務は前年比で4ポイント上昇し、GDPの35.6%に達した(CNN)。

一般市民は乗っていない?

人の移動、物流の大動脈となるインフラがほぼ中国の手によって建設されたわけだが、龍谷大学法学部の落合雄彦教授によると、SGRは収益の柱である貨物取扱量が低迷し、開業以来、赤字が続いているという(「中国の『一帯一路』は『債務の罠』か─ケニア標準軌鉄道の事例から考える」)。

ケニアの人々は、SGRをどのように受け止めているのか。

ケニア出身のジェームス・カランジャさん(仮名)は、「当時、ケニア政府は『この上なく便利になる』『ケニアが変わる』と国民に訴えていました」と振り返る。

首都のナイロビとモンバサ港を結ぶ交通インフラは、英国植民地時代にできた狭軌鉄道と一車線の幹線道路しかなかった。「幹線道路はガードレールもない悪路で、常に渋滞が発生していました。『SGRが開通すれば交通渋滞が解消されて便利になる』という期待感は確かにありました」(同)。

ケニア政府のメッセージが国民にもたらした高揚感は、1960年代に日本で新幹線や東名高速道路が開通したときの雰囲気に似ているのかもしれない。

運行が開始されると、かつて車で10時間もかかったナイロビ〜モンバサ間の移動が5時間に短縮された。ノンストップの直行便(「マダラカ・エクスプレス」)はナイロビ〜モンバサ間を1日1本が走行。ノンストップ直行便以外にも、鈍行列車が1日1回運行している。ナイロビを朝8時20分に出発すると7つの各駅で停車し、14時18分にモンバサ西駅に到着する(ただしモンバサ西駅は町の中心部からかなり離れている。町の中心部に出るにはさらにタクシーなどを利用しなければならない)。

カランジャさんは、新型コロナウイルスの感染拡大の直前に、SGRの沿線にある村に帰郷した。そのときのSGRの利用状況を次のように語ってくれた。「村の人たちがモンバサに行く理由は買い出しですが、みんなSGRではなく、乗り合いバスを利用しています。SGRは運賃が高いし、その日のうちにモンバサから帰れる便がないからです」。

ちなみにカランジャさんの母親によると、「中国による鉄道建設予定地の買収で、村には大金を手にした人もいる」と明かす。家を建てたり車を購入するなど「すぐ使い切ってしまった人もいた」というが、中国がSGR沿線に巨額のお金を落としたことは事実である。

生息地を狭められる野生動物

SGRの建設には、ケニアの環境団体が反対を唱えていた。SGRは、中国による債務の罠に加え、野生動物に及ぼす影響も懸念されている。

2014年に英BBCは「ケニアで殺される象の数が増えている」と報じた。ケニア消費者協会の関係者は、鉄道建設で多くの中国人労働者が入国してくることと、象牙の密輸の増加を関連づけ警戒していた。

またSGRはケニア最大の野生生物保護区の境界線を通過するため、動物たちとの衝突事故を起こす心配があった。そこで、SGRは高架式で建設された。英国の植民地時代には鉄道が地面の上に直接敷設されたが、SGRは高架にすることでその下を動物たちが行き来できるようにした。

30余年にわたってケニアで野生のアフリカゾウを観察し続ける酪農学園大学特任教授の中村千秋氏は、「自由に動き回れる場所を確保することは、野生動物の生息に欠くことのできない条件」だと言う。「土地が分断され、狭い土地に囲い込まれると、絶滅する種も出てきます。野生動物が生きていくためには移動を妨げられない広い空間が必要なのです」(中村氏)。 #サバンナ に高架鉄道が施設されることで、「美しい地平線を動物たちが走る」ケニアならではの風景が失われていくことを惜しむ声もある。

さらに、中国は将来的にこの鉄道を南スーダン、コンゴ、ルワンダ、エチオピアなど周辺国にも延伸していく計画だが、環境への影響がさらに拡大する懸念も指摘されている。

筆者:姫田 小夏

#アフリカ #中国 #一帯一路 #サバンナ


アフリカでも一帯一路、サバンナを走る「中国製」長距離鉄道

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!