南海電気鉄道は16日、今年2月の開催時に好評を博した「南海電鉄インターネットオークション」を8月19日から開催し、駅名板・方向幕・車内車号銘板など計100点を出品すると発表した。

「南海電鉄インターネットオークション」駅貼りポスター(イメージ)

今回のネットオークションでは、各種イベントの展示等で使用していた「臨時こうや円板」や電照式の駅名板、方向幕など、普段は手に入らない鉄道用品を計100点出品する。

オークションが開催される8月19日10時から、南海電鉄のサイト内に特設サイトが開設され、出品内容の詳細確認や商品の入札が可能となる。開催期間は8月26日13時までとなっている。

「臨時こうや円板」(展示用レプリカ)
電照式駅名板「はるき」1番線用
行先案内盤(羽衣駅・2番線用)
座席指定車案内板等(木箱付き)6枚セット

入札は1人5点までで、同価格での落札希望者が複数いる場合は先着順。落札後の決済は銀行振込のみ。落札通知を受け取った後、指定日までに入金しなかった場合は落札が無効となる。

#南海電鉄 #鉄道イベント #電車


南海電鉄、鉄道用品など計100点を出品するネットオークション開催

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ