東武鉄道は16日、特急車両「スペーシア」「リバティ」における車内販売営業と飲料自動販売機による販売について、8月31日をもって終了すると発表した。車内販売営業は現在、新型コロナウイルス感染症の影響で営業を休止している。

東武鉄道の特急車両「スペーシア」(100系)
東武鉄道の特急車両「リバティ」(500系)

「スペーシア」「リバティ」での車内販売営業の終了、飲料自動販売機の販売終了を受け、「お客さまのご理解を賜りますようお願い申しあげます。長年にわたりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました」と東武鉄道。これにともない、飲料自動販売機については8月20日から順次、販売を終了するとのこと。なお、「SL大樹」「DL大樹」の車内販売営業は継続される。

#特急列車 #東武鉄道 #電車


東武鉄道「スペーシア」「リバティ」車内販売&飲料自販機を終了へ

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!