————————————————————————————————————-
JR東日本ATOS(列車運行管理システム)は、日本が誇るシステムの一つで、超過密複雑輸送を支えている
世界に類をみないシステムです。SICは鉄道分野を事例にしたシステムイノベーションのケーススタディ
候補として、ATOSにスポットを当て、社会システム全般のシステム化力の向上に役に立つ事例研究講座を
開催します。 8月27日(金)〜8月28日(土) 午前のみ
———————————————————————————————————–
一般社団法人システムイノベーションセンター(以下SICという。所在地:東京都新宿区、齊藤 裕
代表理事・センター長、https://sysic.org/)は、鉄道分野のシステム構築のケーススタディ講座を
開催します。
鉄道(モビリティ分野)は複雑化大規模化しており、システムアプローチが求められています。
講座では、JR東日本列車運行管理システム(ATOS)を事例としてシステム化の効果を疑似体験し
システム構築力を養います。

当時の鉄道運行管理業務に関する講義の内容を踏まえて、これを理解しつつ、その業務のシステム化への
課題や解決アプローチを当時のシステム担当者の立場から考え、グループ討論します。これにより、受講生
自らがそのイノベーションの現場を疑似体験することで、システム思考やイノベーションに必要なマインド
セットを体得していただきます。
講師陣
(1) 松本雅行 元東日本旅客鉄道株式会社 執行役員、工学博士
(2) 馬場裕一 東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 次世代輸送システム推進センター所長
(3) 金澤直幸 株式会社日立製作所 交通制御システム本部 ATOSセンター 担当部長

SIC人財育成協議会主催の「システムイノベーションのケーススタディ講座(第二回)」を上記講師陣により、
下記要領で開催します。詳細は以下のURLを参照ください。
詳細案内 URL: https://sysic.org/news/2490.html
——記 ——–
【1】開催日 :2021年8月27日(金)9:00〜17:30 — 8月28日(土) 9:00〜12:30
【2】開催形式 :Microsoft Teamsによるオンライン開催
【3】定 員 : 30名 定員オーバーした場合はSICの会員を優先します
【4】受 講 料 :15,000円/人 (SIC正会員企業の方は原則2名様まで無料)
【5】お申込方法
SICイベント参加登録ページ より記載の案内に従ってお申込みください。
【6】締め切り日:2021年8月25日(水)

<本件に関するお問い合わせ先>
一般社団法人システムイノベーションセンター
TEL:03-5381-3567(代表) URL:https//sysic.org E-mail:office@sysic.org
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-12-7 ストーク新宿

配信元企業:一般社団法人システムイノベーションセンター
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

#システム #JR東日本 #世界


鉄道 (モビリティ分野)に見るシステムイノベーションの事例研究: 〜JR東日本のATOSを紐解くケーススタディ講座を開催〜

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場