JR四国は、観光列車「伊予灘ものがたり」の車内で松山市の伝統文化や食を楽しめる募集型企画旅行を発売。今年7月に松山市と提携した「観光に関する連携協定」事業の一環で、松山市の旬の食材をフルコース料理で味わう「伊予灘ものがたり ~プレミアムダイニング~」、車内で俳句を楽しむ「伊予灘ものがたり ~プレミアム俳句列車~」の2コースを設定した。

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」

「伊予灘ものがたり ~プレミアムダイニング~」は松山~伊予大洲間で運行。大洲編・道後編それぞれの料理を担当するシェフが特別に車内に乗り込み、地元の素材をふんだんに使った秋を感じる料理を提供するとともに、シェフ自ら料理の説明も行う。出発日は10月11日で、料理は伊予大洲行の「秋晴編」を「ヨーヨーキッチン!」、松山行の「秋涼編」を「Petit Paris」が担当する。旅行代金は1人1万8,000円。

「伊予灘ものがたり ~プレミアム俳句列車~」は、俳人の家藤正人氏を講師に招き、沿線風景と料理を楽しみながら俳句と楽しくふれ合う企画。「レストラン門田」のフランス料理松花堂弁当と「Petit Paris」のデザートを車内で提供する。出発日は11月8日。松山駅を出発して伊予大洲駅で折り返し、松山駅に帰着する行程で実施する。旅行代金は1人2万円。どちらの旅行商品も、JR四国旅の予約センター、ワープ支店、駅ワーププラザで販売される。

#JR四国 #観光列車 #気動車


JR四国「伊予灘ものがたり」で松山市の伝統文化と食を楽しむツアー

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も