2021年8月11日、米華字メディア・多維新聞は、中国が建設を支援しているインドネシアの高速鉄道建設が大きな進展を見せたと報じた。

記事は、ジャカルタとバンドンを結ぶインドネシア高速鉄道についてこのほど「48時間のうちに2つの大型トンネルが貫通した」との情報が入り、同鉄道にある13のトンネルのうち10カ所がすでに貫通し、来年10月の全線開業に向けて大きく前進したと伝えた。

その上で、15年に建設が始まった同鉄道は用地取得の問題などによりこれまでに完成予定が3度延期されており、昨年は新型コロナの影響により今年の完成予定が来年に延びたと紹介。その状況に、中国との受注争いに敗れた日本のメディアからは「計画自体、十分に考えられたものではなかった」と冷ややかな反応が見られたが、ここに来て建設ペースが急速に高まっているとした。

そして、建設が軌道に乗った大きな背景として、中国とインドネシアの両国政府高官が緊密な連携を取る中で、政治的な成果を作りたいジョコ大統領率いるインドネシア側が工事に対し強い熱意と決心を持っていること、ダム建設や道路建設などインドネシアにおける中国によるインフラプロジェクトが順調に進み、インドネシア側が中国に対する信頼をますます強めていることなどを挙げている。

また、今年に入ってインドネシアが中国に対する信頼を強める要因となる出来事が数多く発生しており、今年4〜5月にはアストラゼネカ製ワクチンの供給が遅れる中で中国に支援を求め、1500万回分のワクチンを送ってもらったこと、インドネシア海軍の潜水艦「ナンガラ」沈没事故において中国海軍から人員派遣を受けたことを紹介した。

記事は「新型コロナといった不利な要素があるなかでも建設が継続しているインドネシア高速鉄道が完成すれば、インドネシアによる中国に対する信頼はますます強まる。これは、中国にとって将来インド太平洋情勢における『カード』を手に入れることになるだけでなく、『一帯一路』によって南太平洋へ進出する上でのアシストにもなるのだ」と論じた。(翻訳・編集/川尻)

#インドネシア #高速鉄道 #中国 #中国高速鉄道


中国高速鉄道がインドネシアで飛躍、収穫期に入る—米華字紙

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス