富士急グループの身延登山鉄道は、中部横断自動車道が8月29日16時に全線開通することを記念し、山梨県・静岡県在住者を対象に身延山ロープウェイがお得に利用できる「山梨県民・静岡県民感謝キャンペーン」を8月21日から9月12日まで実施する。

2月に導入された新型のパノラマビューゴンドラ

新設の中部横断道身延山ICから車で15分の身延山ロープウェイは、日蓮宗総本山・身延山久遠寺のある山麓と身延山山頂を約7分で結ぶ三線交走式のロープウェイ。その高低差は763mで関東一を誇る。山頂の展望台からは、東に富士山、南に駿河湾・伊豆半島、西に七面山、北に早川渓谷・南アルプス・八ヶ岳連峰・甲府盆地など、雄大な自然が織りなす360度の大パノラマを満喫できるという。

「山梨県民・静岡県民感謝キャンペーン」では、期間中に窓口で山梨・静岡県民であることを証明できるものを提示することで、中学生以上は往復運賃(通常1,500円)が300円引きの1,200円、4歳から小学生まで運賃(通常750円)が半額の375円で乗車できる。

身延山からの景色

なお、身延山ロープウェイでは今年2月、40年ぶりとなる新型のパノラマビューゴンドラを導入している。足もと付近まである大きなパノラマガラスから、眼前に広がる絶景をこれまで以上に楽しめるようになった。


身延山ロープウェイ「山梨県民・静岡県民感謝キャンペーン」実施へ

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは