小田急SCディベロップメントが運営する商業施設「ビナウォーク」(神奈川県海老名市)で8月21・22日、新江ノ島水族館のコラボレーション企画として、さまざまな種類のエビを観察できるミニ水族館体験イベントが開催される。

エビが入った水槽・プールの設置イメージ

新江ノ島水族館の協力により、横幅150cmの水槽2基と、生き物を上から観察できるプール1台を「ビナウォーク」1階に設置。「エビだけの おでかけえのすい in 海老名」と銘打ち、約15種類のエビを相模湾にすむエビ、暖かい海にすむエビ、身近な川にすむエビの3グループに分けて展示する。飼育スタッフによる解説も行う。

同時開催イベントとして、定番の屋台からデジタルコンテンツまで計8種の屋台をそろえた縁日も実施する。8月21・22日ともに13~20時の開催を予定している。

#小田急電鉄 #駅


小田急線海老名駅直結「ビナウォーク」でエビの観察イベント開催へ

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは