叡山電鉄は列車の運転を見合わせていた鞍馬線市原~鞍馬間に関して、9月18日から運転再開すると発表した。同区間は2020年7月7~8日に降り続いた大雨の影響により、貴船口駅付近で土砂崩れなど発生していた。

土砂崩れ箇所の状況(2020年7月8日撮影)
土砂崩れ箇所の状況(2021年7月27日撮影)
鞍馬線市原~鞍馬間が9月18日に運転再開へ

このほど鉄道施設の復旧にあたっている叡山電鉄と、治山事業を実施している京都府が協議し、工事を行いながら安全を確保して列車を運行できる見通しが立ったとして、9月18日に鞍馬線市原~鞍馬間の運転を再開することとなった。運転再開時のダイヤは別途案内するとのこと。

#中小私鉄 #三セク #鉄道災害 #復旧 #電車


叡山電鉄、土砂崩れで不通の鞍馬線市原~鞍馬間は9/18に運転再開へ

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ