京阪電気鉄道、中之島高速鉄道など4社は、大阪・中之島エリアを舞台にしたアートイベント「キテミテ中之島 2021」を8月20日から12月26日まで開催すると発表した。

昨年のワークショップの様子

「キテミテ中之島 2021」では、文化・芸術施設が数多く存在する中之島エリアを訪ね、愛着と理解を深めてもらうことなどめざす。10回目となる今回は、中之島線4駅や中之島エリアの各施設にて、アート作品の展覧会「みんなの駅美術館」を11月20日から12月26日まで開催。沿線のこどもたちの作品や一般募集の作品をアーティスト作品とコラボして展示し、こどもから大人まで交流できる場所を作り上げる。

「いきもの」をテーマに絵画作品を募集し、「みんなの駅美術館」の中之島駅会場にアーティスト作品とコラボレーションして展示する企画も実施。8月20日から9月30日まで郵送などで作品を募集し、11月20日から会場に展示する。「キテミテ中之島」のウェブサイトとインスタグラムの公式アカウントにも掲載する。

昨年のコラボレーション展示の様子

京阪電気鉄道主催の「京阪Kids絵画展」や、京阪グループのSDGs達成に向けた取組み「KEIHAN BIOSTYLE PROJECT」とのコラボレーション企画も。「京阪Kids絵画展」で募集した作品を「キテミテ中之島 2021」の大江橋駅会場に展示するほか、なにわ橋駅の改札上に「京阪Kids絵画こいのぼり」を展示する。展示期間は11月20日から12月26日まで。期間中、「キテミテ中之島 2021」の「いきもの」をテーマにした絵画作品など複写したポスターを展示した車両「未来は、楽しく変えていこう。KEIHAN BIOSTYLEキッズ号」(13000系)の運行も予定している。

#鉄道イベント #京阪電気鉄道 #駅


京阪電気鉄道など4社、アートイベント「キテミテ中之島2021」開催

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは