鉄道模型の製造・販売を手掛ける関水(せきすい)金属(東京都新宿区)は、8月14、15日、8月20、21日に開かれる鉄道模型の夏の祭典「鉄道模型コンテスト2021 九州大会・東京大会」(主催・一般社団法人鉄道模型コンテスト)に特別協賛する、と発表した。

大会は「第13回全国高等学校鉄道模型コンテスト」「T-TRAKジオラマコンテスト2021」「ミニジオラマサーカス」などのほか、関水金属の鉄道模型ブランド「KATO(カトー)」のブースも設置する。

コロナ禍のため、昨年はオンラインで開催。今年は会場とオンラインを併用して実施する。九州大会(8月14、15日)は福岡市博多区博多駅中央街のJR九州ホール、東京大会(8月20、21日)は東京都新宿区西新宿の新宿住友ビル三角広場で開く。どちらも事前予約制で、入場は2時間の時間制。入場料は、九州会場が大人(中学生以上)500円、小学生300円、東京会場が大人(中学生以上)1000円、小学生500円。

このコンテストは、全国高等学校鉄道模型コンテスト実行委員会、T-TRAKジオラマコンテストなどが共同開催。文部科学省、JR各社などが後援している。関水金属は「福岡市、東京都からの要請で無観客開催になる可能性もあるため、最新情報をホームページで確認してほしい」としている。

#模型 #コンテスト #東京 #九州


九州・東京で「鉄道模型コンテスト2021」を開催 関水金属が特別協賛

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは