JR東日本、ジェイアール東日本企画、HIKKYの3社は、8月6日に駅や車両を軸としたXR(空間拡張技術)領域での業務提携契約を締結したと発表した。

「バーチャル秋葉原駅」外観(開発中の画像)

HIKKYは「最も魅力的なバーチャル世界とアクセスを提供する」をコンセプトに、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を主催し、多くのナショナルクライアントのバーチャル展開を手がける企業。バーチャル上の空間作りにとどまらず、バーチャルとリアルをつなぐXR領域の発展をめざした事業展開を進めている。

今回の業務提携は、JR東日本グループとHIKKYの知見を組み合わせ、リアルとデジタルを融合させた新たな体験価値の創出により、XR市場をリードすることを目的としている。提携の第1弾として、8月14~28日に実施する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット6」に「バーチャル秋葉原駅」を出展する。

「バーチャル秋葉原駅」内観(開発中の画像)
「バーチャル秋葉原駅」内観(開発中の画像)

リアルの秋葉原駅が持つにぎわいをバーチャル空間で再現し、実在する駅のように、改札を通過し、電車に乗ってVR世界を巡ることもできるようにする。エヴァンゲリオンや『ちぃたん☆』などの人気キャラクターも空間を彩り、国内外の来場者を迎えるという。「バーチャルマーケット6」はVRChatで開催され、VR機器を持っていない人もPCから参加できる。

#駅 #JR東日本


JR東日本など3社「バーチャル秋葉原駅」世界最大VRイベントに出展

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も