南海電気鉄道は8月7日から、「すみっコぐらしラッピングラピート」の運行を開始。運行初日に難波駅で車両がお披露目された。人気キャラクター「すみっコぐらし」のラッピング電車ということもあり、親子連れや女性の見学者も多かった。

難波駅でお披露目された「すみっコぐらしラッピングラピート」

南海電鉄はサンエックスの人気キャラクター「すみっコぐらし」とコラボし、7月22日から「南海沿線なんかいいね すみっコぐらしめぐりたいキャンペーン」を実施している。その一環で、空港特急「ラピート」(難波~関西空港間)に「すみっコぐらし」のラッピングを施し、「すみっコぐらしラッピングラピート」として運行することになった。

運行初日の8月7日、「すみっコぐらしラッピングラピート」は12時10分頃、難波駅9番のりば(「ラピート」専用ホーム)に入線。同駅17時5分発「ラピートβ 47号」で運行を開始するまで、ラッピング電車の外観をゆっくり見学できた。

車体前面の先端にも「すみっコぐらし」のキャラクターが登場
ラッピング電車をひと目見ようと、多くの見学者が訪れた

6両編成の「すみっコぐらしラッピングラピート」に描かれたイラストは車両ごとに異なり、コンセプトは「大きなめでたいお魚をさがしに、海へいくすみっコたちのストーリーを表現した列車」。車体側面の左から右へ「大きなめでたいお魚を探すストーリー」が展開されている。

両先頭車(1・6号車)は車体側面の約3分の2が水色のラッピングが占められ、より涼しげな車両に。車体前面の先端にも「すみっコぐらし」のキャラクターたちが描かれ、運転台にぬいぐるみを置くなど、「鉄人顔」の「ラピート」にかわいらしい雰囲気が加わった。中間車は従来の紺色を基調としつつ、「すみっコぐらし」のキャラクターなどラッピング。難波駅では、9番のりばの待合室にも「すみっコぐらし」のキャラクターたちの姿があった。

難波駅9番のりばの待合室にも「すみっコぐらし」の装飾
「すみっコぐらし」とのコラボグッズも販売される

ところで、関西大手私鉄における「すみっコぐらし」とのコラボは、昨年の阪急電鉄に続き、南海電鉄が2例目となる。南海電鉄の担当者によると、「すみっコぐらし」はこどもたちに人気があり、キャラクターの持つゆるい雰囲気が南海沿線に合うとの理由で選出されたそうだ。

南海電鉄では、「すみっコぐらしラッピングラピート」の他にも、和歌山市~加太間を走る「めでたいでんしゃ なな」(2両編成)、高野線・泉北線で活躍する1000系1編成(6両編成)に「すみっコぐらし」のラッピングを施した。「すみっコぐらしラッピングラピート」と1000系のラッピング電車は、1車両あたりのラッピング面積において「日本最大のすみっコぐらしラッピング電車」とされている。これら3種類のラッピング電車は、いずれも12月末頃まで運行される予定。なお、「ラピート」は昨今の社会情勢に伴い、日中時間帯の運行を休止している。

「南海沿線なんかいいね すみっコぐらしめぐりたいキャンペーン」では、ラッピング電車の運行に加え、オリジナルコラボグッズの販売など各種イベントを企画している。ただし、大阪府に対する緊急事態宣言の発出にともない、一部イベントが延期または中止になるとのことだった。

6号車の車体前面
6号車の車体側面
5号車の車体側面
4号車の車体側面
3号車の車体側面
2号車のドア部分
1号車の車体側面
1号車の車体前面。「すみっコぐらし」のぬいぐるみも

#子鉄 #空港アクセス鉄道 #電車 #特急列車 #南海電鉄


南海電鉄「すみっコぐらしラッピングラピート」より涼しげな車両に

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!