岩手県久慈市と岩手県北自動車(岩手県北バス)は、8月7日〜10月24日の79日間、JR八戸駅〜八戸中心街〜久慈駅を結ぶ久慈・八戸高速バスを、1日4往復走らせる。

ことし3月末、三陸沿岸道路 久慈〜八戸 が全線開通し、久慈〜八戸の移動時間が大幅に短縮。今回の期間限定 高速バスは、実証運行というかたち。

この三陸沿岸道路を行く久慈・八戸高速バスは、久慈駅〜八戸駅が最短で1時間15分、久慈駅〜八戸中心街ターミナルが最短58分で結ぶ。

同区間を行く八戸線は1日8往復、所要時間1時間40分。気動車列車と高速バスと選択肢が増え、夏・秋の東北旅が楽しくなる。

八戸駅・久慈駅の出発時間は、八戸駅発が8:30・12:50・15:50・18:00、久慈駅発が6:45・10:30・15:30・17:30。

運賃は、大人(片道)1,350円、子ども(片道)680円。往復乗車券は大人2,200円、子ども1,100円と割安に。

久慈観光循環バス新設、久慈海岸線を拡充

また、8月7日〜10月24日の間、久慈駅と2つの観光拠点を結ぶ久慈観光循環バス 久慈琥珀博物館 ⇔ 久慈駅 ⇔ もぐらんぴあ も運行。各施設へ2往復する。

さらに、既存路線バス 久慈海岸線 小袖海岸〜久慈駅を、平日1便、追加運行する。9月30日までの土日祝は、1日2往復で運行する。

こうしたコロナ禍での実証運行は、秋以降の遠方からの観光客利用に期待しつつ、おもに八戸市近郊住民をターゲットに、「マイカー以外での観光客」の可能性を探る。

この久慈・八戸高速バスは、観光のほか、久慈市近郊住民の生活交通としての可能性も含めて実証調査。

季節を問わず通年を通した地域利用者を確保し、今後の本格運行をめざしていく構え。

◆「東北本線130周年号」9月運転、「はつかり」ヘッドマークと記念撮影など
https://tetsudo-ch.com/11637879.html

◆青森〜盛岡間で「リバイバル特急スーパーはつかり」運行へ 9月4日限り
https://tetsudo-ch.com/11629109.html

画像は岩手県北バス車両イメージ(yamahide / PIXTA)

#バス #高速バス #旅行 #ペアリング


久慈駅—八戸駅 高速バス 期間限定運行! 鉄道旅行にペアリング

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス