岐阜県恵那市山岡町に、今年も「田んぼdeアート」が出現した=写真=。住民有志グループ「山岡元気プロジェクト」が、約25アールの田んぼに観賞用の苗(7種類)を植えて巨大な絵を完成させ、住民らの目を楽しませている。

2015年から行われている企画。絵は同市を走る「明知鉄道」沿線の田んぼにあり、今年も地元ゆかりの戦国武将・明智光秀をモチーフにしている。昨年は新型コロナウイルス撃退をイメージして描かれたが、今年は「希望に向けた再スタート」を応援するデザインになっているという。

愛知県小牧市から来た主婦(68)は「光秀がかわいくて、色がきれい」とカメラを向けていた。

稲の色が移り変わる9月上旬頃まで楽しめる。

#岐阜県 #完成 #ゆかり #戦国武将


光秀「希望に向けた再スタート」応援…田んぼアート

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも