筑豊電気鉄道は、国道3号黒崎バイパス建設工事にともない、10月1日から約4年間にわたり西黒崎駅の営業を休止すると発表した。

筑豊電気鉄道の低床式車両5000形

黒崎バイパスは、北九州市八幡東区西本町から同市八幡西区陣原まで結ぶ全長5.8km、片側2車線の自動車専用道路。今年10月から西黒崎駅付近で黒崎西ランプの建設工事が始まる予定で、これにともない西黒崎駅では一部ホームが撤去される。

これに加えて、駅周辺を工事用車両や重機が頻繁に通行し、利用者の安全確保が難しいことから、旅客取扱いを休止することとした。工事期間中、隣接駅である熊西駅(西黒崎駅から約400m)または黒崎駅前駅(西黒崎駅から約200m)を利用するよう呼びかける。

#駅 #電車 #路面電車 #LRT


筑豊電気鉄道、国道バイパス工事で西黒崎駅を約4年間の営業休止に

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ