江ノ島電鉄のレアな場面を撮影しようとカメラを構えていた鉄道マニアたち。すると、画面に映ろうとしたのか、一人の外国人が自転車で江ノ電と並走してきます。

大切な瞬間を邪魔されたと感じた鉄道マニアたちは外国人に詰め寄り「金だ!」と叫び怒りを露にします。

実はこちら、定期検査で5年に1回しかない試運転というレアな瞬間だったということ。

動画には「道を塞いでいる方が迷惑では?」「どっちもどっち」「気持ちはわかるが金だせは違うでしょ」などのコメントが与えられています。

撮影を邪魔されて怒りたくなる気持ちもわかりますが、ここが誰もが自由に通れるはずの公道である事や、ただ映って人気者になりたかっただけと考えると、この外国人の方も災難だったなと思います。

#外国人 #江ノ電 #電車 #物議


江ノ電を撮影していた電車マニアたち。何も知らない外国人が「ウェーイ」と画角に入ってしまい詰め寄られる動画が物議!

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも