レトロな街並み再現のNゲージで大人も楽しめる空間に。先んじて「フィットネスルーム」も販売開始

2021年7月、神奈川県・三浦半島随一の規模を誇る温泉リゾートホテル「マホロバ・マインズ三浦」(運営:株式会社四季の自然舎)は、コロナ禍で遊び場の減ったお子様や、レクリエーションを求める社会人に向けて、新しいコンセプトルーム2室の販売を続けて開始しました。

同館ではこれまでも、スタッフがアイディアを出し、室内の備品調達や装飾なども自ら行うなど、「お客様を楽しませたい」という思いで計8室のコンセプトルームを作ってきました。

今回新たにオープンした「トレイン&ファミリールーム」は、鉄道好きなお子様とそのファミリーに楽しんでいただきたい客室です。メインとなるのは、リビングに用意されたたくさんのおもちゃのレールと電車。予め組み立てられたのではなく、お客様自身が自由にレールを繋ぎ、9種類の車両から選んで走らせるもので、お子様の創造力育成や、遊び終わった後の片付けでの知育まで考えられています。

また、トイレやベッドルーム、廊下など、室内のあちこちに鉄道をモチーフにした装飾や展示が施されているほか、レトロな街並みを再現したNゲージで大人も楽しむことができます。鉄道好きのスタッフを中心に数か月をかけて作られた客室からは、実際の鉄道の線路も眺めることができます。

この客室に先立って販売を開始した「フィットネスルーム」には、トレッドミルやエアロバイク、腹筋台、バランスボール、ヨガマットなどが用意され、客室内が専用のフィットネスクラブのようです。光が溢れる角部屋で海を眺めながら、開放的な気分で好きな時間に好きなだけエクササイズを楽しむことができる客室です。

ワーケーションでの利用も想定し、Wi-Fiも完備しているほか、3室に分かれたベッドルームのうち2室にはワーキングデスクとチェアが、そのうち1室にはテレビも設置され、プライベート空間をしっかり確保できるので、家族旅行にもご友人同士でのご利用にも適しています。

◆コンセプトルーム通常宿泊料金

【素泊まり(食事なし)】 https://directin.jp/?y=A4VWN4
1室利用人数2名:12,650円〜、3〜5名:10,450円〜、1名:18,150円〜

【1泊朝食付き】 https://directin.jp/?y=A4VWM4
1室利用人数2名:13,200円〜、3〜5名:11,000円〜、1名:18,700円〜

【1泊2食付き】 https://directin.jp/?y=A4VWL4
1室利用人数2名:15,950円〜、3〜5名:13,750円〜、1名:21,450円〜

※ホテル公式サイトから予約した場合の1名あたりの料金(消費税込・入湯税別)
※トレイン&ファミリールームは1室2〜6名、フィットネスルームは1〜5名のご利用。1室6名利用は1泊2食1名12,650円〜。

●その他の客室

64〜211平米という広さが家族・グループ・研修旅行に好評で、一般禁煙室・喫煙室(3〜7階)、高層階禁煙室(8〜13階)、各1室限定のコンセプトルーム10室、吹き抜けのスカイスイートルーム(11階)、ジャクジー付きロイヤルスイートルーム(14階)、檜風呂付きロイヤルスイートルーム(14階)と、予算やお好みに合わせて選べる全204室の多彩な客室をご用意しています(客室タイプ指定は別料金)。この広さのため、従来は多人数での宿泊が中心でしたが、顧客ニーズに合わせて、現在では1名からの宿泊も積極的に受け入れています。

同ホテルでは、客室やレストランをはじめ施設の衛生面への配慮は言うまでもなく、館内に自動検温装置や二酸化炭素濃度測定器、全客室に空気清浄機を設置するなど、全館・全スタッフを挙げて感染拡大防止対策に取り組んでいます。また、神奈川県の「マスク飲食実施店」への認証申請中でもあります。
横浜に近く、都内からも約1時間という好立地ながら、周囲を海や畑に囲まれ、空気の澄んだ「ちょうどいい田舎」のホテルとして、安心・安全の提供を追求しています。

●宿泊予約・お問い合わせ
予約センター TEL:046-889-8911(受付時間 10〜18時/土日祝・年末年始も営業)

●その他
新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み
https://www.maholova-minds.com/covid19/

■都心に近いアクティブリゾート、マホロバ・マインズ三浦

ホテル名は、“素晴らしい場所”、“居心地のいい場所”を意味する日本の古語「まほろば」に倣いました。
東京・品川から電車でわずか1時間、横浜から約45分と、首都圏からのアクセスも容易なリゾート地・三浦半島は、三方を海に囲まれ、砂浜の美しい三浦海岸海水浴場はもちろん、海沿いの岩礁や小網代の森などの自然も数多く残り、三崎マグロや松輪サバ、スイカやイチゴなどの果物、カボチャや大根、キャベツなどの三浦野菜といった食材にも恵まれた豊かな土地です。空気の澄んだ日には、ホテルから世界文化遺産の「富士山」も望むことができます。
食事に関しても、三崎港直送マグロはもちろんのこと、三浦半島の海・山の幸を堪能できると定評があり、毎年あるいは年に何度も訪れるリピーターも多く、2022年には開業30周年を迎えます。

*所在地:〒238-0101 神奈川県三浦市南下浦町上宮田3231
*開業年月:1992年6月
*アクセス:京浜急行線 三浦海岸駅より徒歩約6分、無料送迎バスにて5分
*予約センター TEL:046-889-8911(受付時間 10時〜18時)

会社名 : 株式会社四季の自然舎
所在地 : 〒238-0101 神奈川県三浦市南下浦町上宮田3231
代表者 : 代表取締役社長 綱川 高司
設立 : 1992年6月事業内容: ホテル業

#おもちゃ #家族 #レトロ #街並み


マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場