JR西日本不動産開発は、2022年春の開業に向けて新築工事を進めている「JR富山駅ビル」の外観デザインを発表した。開発コンセプトは「市民と来街者と旅人が集い交わる、活力あふれる駅前空間」とのこと。

外観イメージ(南東)

外壁は立山連峰の雪景色をイメージした白色を基調に、外壁パネルのグラデーションによって稜線を表現。建物の一部に立山杉をイメージした濃茶色をしつらえ、落ち着きと温かみのあるデザインを取り入れた。

「JR富山駅ビル」は地上12階建て。駅ビル機能のほか、商業施設、宿泊施設、立体駐車場を併設する。駅前広場に面する角にはガラスのカーテンウォール、1階店舗部分には連続性のある開口部を設け、施設内部のにぎわいを外部へ発信する。夜間は建物頂部やサインのライトアップをはじめ、ガラス部分から漏れ出す施設内の光などにより、駅前広場に温かい光を提供する。

夜間イメージ(北東)
駅前広場側1階イメージ

施設内には、駅前広場とLRTを見下ろせる「視点場」、立山連峰を望めるホテルロビーを設置し、利用者に富山の魅力を発信する。駅前広場の壁面は、プロジェクションマッピングなど地域イベントにも利用可能だという。

#駅 #JR西日本 #新幹線


「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場