張吉懐(張家界〜吉首〜懐化)高速鉄道が29日、通電走行テストを開始した。テストは7月30日まで続く。通電走行テストは電気化鉄道総合調整・テスト前の鍵となる段階で、通電する状況下で、電気機関車パンタグラフの滑走を通じ、架線とパンタグラフの関係を正確に検査し、電流・電圧などのパラメーターを検査し、関連施設・設備が総合調整・テストの条件を満たすか確認する。新華網が伝えた。

張吉懐高速鉄道は武陵山区の張家界、吉首、懐化などを縦断し、総延長は246.288キロメートルで、設計速度は350km/h。開通後、懐化から張家界までの列車運行時間は3時間半から1時間ほどに短縮される。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

#テスト #高速鉄道 #走行 #中国


張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場