#沢口靖子 が主演するドラマ「鉄道捜査官」(テレビ朝日系)の最新回が8月2日、ついに放送されることが発表された。

同シリーズは2000年からスタート。今度放送される第19作はシリーズ20周年の集大成になるという。また、前作が放送されたのは18年5月で、3年ぶりの新作とあってファンの期待は高まる一方だ。

「謎が謎を呼ぶ物語や沢口が演じる花村乃里子の名推理など見どころはたくさんありますが、ファンが注目している意外なポイントは、 #山村紅葉 がどんな役で登場するのかという点です」(週刊誌記者)

山村は第8作から登場。故・地井武男さんが演じていた鉄道捜査隊課長のいきつけの小料理屋「まりえ」の女将・手塚真理絵を演じた。時には事件解決のカギを握る活躍をしたこともある。

「そんな手塚真理絵が17年放送の第17作で突然、カフェの店員に変わり驚きの声があがりました。小料理屋『まりえ』はカフェ『マリエ浪漫』になり、山村は大正浪漫あふれる袴にブーツという衣装で登場。それが一部ファンから萌えると評判になったんです。ところが続く18作では元の小料理屋になり、山村も女将に戻りました。今回の第19弾ではどうなるのが注目です」(前出・週刊誌記者)

小料理屋の女将もいいが、カフェ店員もいい。こうなったら1人2役で登場するのもアリかも!?

#沢口靖子 #捜査 #山村紅葉 #ポイント


山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場