JR東日本仙台支社は28日、只見線会津川口~只見間の復旧工事の状況について発表した。復旧工事完了は2022年度の上半期を見込んでおり、復旧工事完了後、訓練運転等を行い、2022年中の運転再開をめざすとしている。

第5只見川橋りょう(被災状況)
第5只見川橋りょう(桁架設完了・軌道工事施工中)

JR東日本では、2017年6月に福島県と締結した「只見線(会津川口~只見間)の鉄道復旧に関する基本合意書及び覚書」にもとづき、2018年6月に起工式を実施して以降、復旧工事を進めてきた。2020年8月に発表した、2022年度上半期に復旧工事が完了する予定に変更はないが、今回は現在の進捗状況が公開された。

第5只見川橋りょう(流失)は、橋脚・桁架設の施工が完了し、現在は軌道工事を施工中。第6只見川橋りょう(流失)は、橋脚の施工が完了し、桁架設を施工中となっている。第7只見川橋りょう(流失)は、橋脚・桁架設・軌道工事の施工が完了しているとのこと。その他、復旧工事全区間で、まくらぎ等軌道設備の老朽取替や信号通信ケーブルの敷設工事を施工している。

第6只見川橋りょう(被災状況)
第6只見川橋りょう(桁架設施工中)
第7只見川橋りょう(被災状況)
第7只見川橋りょう(桁架設および軌道工事完了)

なお、今後の気象条件などにより、見込み時期については変更になる場合があり、その場合は改めて発表される。

#JR東日本 #鉄道災害 #復旧


JR東日本が只見線復旧工事の状況を公開、2022年中の運転再開めざす

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も