JR九州は28日、西九州新幹線(2022年度秋頃開業予定)の車両デザインが決定したと発表した。デザインコンセプトは「九州らしいオンリーワンの車両」とのこと。

エクステリアデザイン (C)Don Design Associates

西九州新幹線の車両デザインに関して、「九州の経済と文化と人を結び、豊かなコミュニケーションを生む」「『新幹線つばめ』のDNAを持続させ、変化・進化させて『新幹線かもめ』を表現」「西九州から吹く暖かくて優しい風を世界へ届ける」をテーマとしている。

エクステリアデザインは、JR九州のコーポレートカラーである赤を配色し、シンボルマークやロゴを配置したほか、毛筆の「かもめ」の書体を配置している。

エクステリアデザイン (C)Don Design Associates
インテリア(指定席 1号車 : 菊大柄) (C)Don Design Associates
インテリア(指定席 2号車 : 獅子柄) (C)Don Design Associates
インテリア(指定席 3号車 : 唐草) (C)Don Design Associates
インテリア(自由席 4~6号車) (C)Don Design Associates
インテリア(デッキ 3号車) (C)Don Design Associates

インテリアデザインは、「優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい」をテーマに色、形、素材をセレクト。和洋折衷やクラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくて新しい空間を表現したという。指定席は腰掛2席×2席の配席で、1号車は定員40名、2号車は定員76名、3号車は定員47名。自由席は腰掛2席×3席の配席で、4・5号車は定員各86名、6号車は定員61名となっている。

#新型車両 #車両新造 #改造 #JR九州 #新線 #新幹線 #電車


JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場