国土交通省が2020年度の三大都市圏都市鉄道の混雑率を公表した。調査結果から、新型コロナウイルスの感染拡大により、混雑路線の顔ぶれは大きく変化したことが明らかとなった。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

新型コロナの感染拡大で
混雑路線の顔ぶれが大変化

国土交通省は7月9日、2020年度の三大都市圏都市鉄道の混雑率調査結果を公表した。東京圏主要区間の平均混雑率は、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛やテレワーク拡大の影響を受け、調査開始以来最低値となる107%だった。昨年は163%だったので、実に56ポイントの大幅な減少である。

混雑路線の顔ぶれも大きく変化した。2019年度の調査では、東京圏で最も混雑していたのは東京メトロ東西線(木場→門前仲町間)で、ピーク1時間の平均混雑率は199%だった。次いで横須賀線(武蔵小杉→西大井間)の195%、総武線各駅停車(錦糸町→両国間)の194%、東海道線(川崎→品川間)の193%、日暮里・舎人ライナー(赤土小学校前→西日暮里間)の189%と続いた。

それが2020年度は、日暮里・舎人ライナー(同)の140%を筆頭に、武蔵野線(東浦和→南浦和間)が134%、都営三田線(西巣鴨→巣鴨間)が129%、埼京線(板橋→池袋間)が127%、東急田園都市線(池尻大橋→渋谷間)が126%となり、日暮里・舎人ライナー以外の全ての路線が入れ替わる結果となった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

#混雑 #都市 #感染 #拡大


「鉄道の混雑率」がコロナで大変化、増減率が大きい路線は

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場