今般、2021年8月13日(金)からの本列車の運行に先立ち、本日2021年7月27日(火)に北海道鉄道活性化協議会(会長:鈴木北海道知事)、東急、JR北海道の3者主催による「ザ・ロイヤルエクスプレス子ども乗車会」(以下、本乗車会)を開催しました。本乗車会は、2018年に発生した北海道胆振東部地震で被災した3町(安平町、厚真町、むかわ町)の小学生20名を招待し、本列車に体験乗車をいただきました。

東急株式会社(以下、東急)と北海道旅客鉄道株式会社(以下、JR北海道)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)、日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)と連携し、北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道を応援するため、観光振興と地域活性化を目的として、観光列車「THE ROYAL EXPRESS 〜HOKKAIDO CRUISETRAIN〜」(以下、本列車)を、昨年に引き続き、本年2021年も運行します。

第2期となる今夏の運行では、昨年同様定員を上回るお申込み状況で、計210名の応募枠(7回運行、各回30名定員)に対し計426名と、当選倍率が2倍を超えるご応募をいただきました。さらに、昨年の運行にご参加された方のうち、約30%の方から今年もお申込みをいただくなど、参加者のみなさまに大変ご満足いただける旅となっています。

今般、2021年8月13日(金)からの本列車の運行に先立ち、本日2021年7月27日(火)に北海道鉄道活性化協議会(会長:鈴木北海道知事)、東急、JR北海道の3者主催による「ザ・ロイヤルエクスプレス子ども乗車会」(以下、本乗車会)を開催しました。本乗車会は、2018年に発生した北海道胆振東部地震で被災した3町(安平町、厚真町、むかわ町)の小学生20名を招待し、本列車に体験乗車いただく企画です。

本乗車会の出発にあたり、JR札幌駅では、鈴木北海道知事、東急高橋社長、JR北海道島田社長、参加児童との記念撮影などが執り行われ、11時02分に鈴木北海道知事らに見送られ、各町から参加する児童たちは、JR札幌駅を出発し、JR南千歳駅まで乗車しました。

鈴木北海道知事のコメント
今日は、ザ・ロイヤルエクスプレスの子ども乗車会ということで、安平町、厚真町、むかわ町のみんなに、このロイヤルエクスプレスに乗っていただいて、南千歳まで鉄道の旅を楽しんでいただきます。
北海道胆振東部地震、新型コロナウィルスの影響で厳しい状況にある北海道を元気づけようと、このロイヤルエクスプレスという観光列車が走ることになって、今年で2回目です。北海道の素晴らしさや、北海道が素晴らしい状況に変わりはないんだということをみんなからも発信してくれたら嬉しいです。そういった大きな一歩になることを祈念しています。みんな楽しんできてください。

[画像: https://prtimes.jp/i/10686/598/resize/d10686-598-76d3b94433ac58d658fc-2.jpg”>

▲鈴木北海道知事のご挨拶

本列車は今後、8月13日〜9月27日までの間に計7回、北海道の大地を周遊します。この旅でしか巡り合うことのできない、「北海道の大自然の恵み」「大地に根ざした人々とのふれあい」を通して世界に誇る北の大地で豊かな時間の過ごし方を提供し、オンリーワンの記憶に残る最高の「美しさ、煌めく 旅。」へご案内します。

#7月 #子ども #北海道 #東急


「THE ROYAL EXPRESS 〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」 2021年も運行します本日7月27日、「ザ・ロイヤルエクスプレス子ども乗車会」を開催

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!