神戸高速鉄道と阪神電気鉄道は、神戸高速線新開地駅・高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事に今月から着手したと発表した。

通路部分美装化イメージ
中央広場部分美装化イメージ
駅部分(高速神戸駅西改札口)美装化イメージ

「メトロこうべ中間通路」では、これまでトリックアート作品の設置や卓球場のリニューアルなど、さまざまな活性化策を講じてきた。今回はそれらの集大成として、「『まち』と『まち』をつなぐ明るくにぎわう地下通路」をコンセプトに、地下通路全体の内装改修を行う。具体的には、地下通路部での天井仕上げの新設、柱仕上げや一部床仕上げの更新、照明設備の更新、地上出入口階段の手すり・段鼻の整備を実施する。

あわせて通路の玄関口となる新開地駅東改札口と高速神戸駅西改札口の構外コンコースにて、天井・柱仕上げ更新による美装化を行い、より快適で安全に利用できる地下通路へと生まれ変わらせるとのこと。工期は2022年3月までの予定となっている。

#駅 #神戸電鉄 #山陽電気鉄道 #阪急電鉄 #阪神電気鉄道


神戸高速線新開地駅・高速神戸駅を連絡する地下通路リニューアルへ

関連記事

今年も開催決定!第8回「大宮えきフェス by 大宮駅RENKETSU祭」

2021年10月1日で引退する2階建て新幹線E4系Max車両基地取材と足跡を記録した保存版!『旅と鉄道』増刊10月号「ありがとうE4系Max」を発売します

ハワイに75年ぶり鉄道開通!"乗り鉄″バイデン大統領が目指す高速鉄道網

JR東日本「わくぞく京葉車両センターツアー」社員考案のイベントも

JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

鉄道博物館「山手線展 ~やまのてせんが丸くなるまで~」10/9から