1895(明治28)年、日本で初めて営業用電車が走った地、京都。

当時、京都電気鉄道が敷いた約20kmの線路を走ったくるまが、いまも京都市内のビルのなかで静かに眠っている。

地下を京都市営地下鉄 烏丸線が走る烏丸通り沿い、北坂ビルディング。その1階ロビーに京都電気鉄道時代の京都市電N28(狭軌1形 No28)電車が保存されている。

ガラス壁のなかで眠るNo28は、北野と記された方向幕や、側面のNo28、社紋、台車やポールなどもきれいな状態。

のちにN電と呼ばれた理由

京都電気鉄道が敷いた線路の一部は、京都市に引き継がれ、京都市電としてあらためて路面電車ネットワークを広げていった。

この京都市電への市営化のさい、京都電気鉄道時代の狭軌から標準軌へと変更したことから、市が保有してた1形電車と区別すべく、狭軌(Narrow)の京都電気鉄道車両を「N電」と呼んだ。

また市営化当時、すべてが標準軌になると思いきや、堀川通りを行く堀川線は、京都電気鉄道時代の狭軌のまま残っていた。

そんな堀川線は、1961(昭和36)年に廃止されるまで、ポール集電・2軸単車の1形電車などが走り、注目を集めていた。

◆半世紀前に消えた京都市電、アスファルトから浮き出るループ状の線路
https://tetsudo-ch.com/11647955.html

◆『MIMARU SUITES 京都四条』で京都人になりきって過ごす時間、最新キッチンと老舗道具店の器で未体験ごはん
https://tetsudo-ch.com/11638747.html

#電車 #都電 #地下


烏丸通りのビルで眠る京都市電N28

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も